大分市消防局のラジオ村上が終わる 後任は空手が上手な大野さん

主にOBSラジオ情熱ライブ!Voiceの金曜日15時45分くらいから、警察と消防のコーナーで隔週放送されていた大分市消防局総務課のラジオ村上が終わりました。

その最終回では、空手が上手な大野さんが登場し後任として発表されました。おそらくですが、8日のその時間帯になるはず。

大野ひかるさんも素敵ですが、それでも語りたい、否、語っておきたかったラジオ村上の魅力。

スポンサーリンク

大分市消防局総務課のラジオ村上が終わる

「めんどくさそうなおじさん」と姪が言ったのでハルキストの妻ちゃんが固まってしまったことがありますが、その村上春樹さんの村上RADIOではありません。

ラジオ村上です。

OBSラジオ情熱ライブVoice金曜日で、大分市消防局総務課の村上さんと、ピッチャーがうまそうな戸郷さん(たぶんそんな名)の掛け合い。

金曜日担当の飯倉寛子アナの含み笑いを想像する苦笑いなんてこともありました。

目的は消防団の拡大ですが、内輪なラジオです。自分が楽しくなければ、スイングはしません。まずは自分たちが楽しい。

それがラジオ村上です。

村上RADIOのようにMadison TimeThe Star-Crossed Loversは流れない、クリスマスにはジングルベルなあの曲をスマホのようなものからラジオに乗せたりと工夫を凝らした回もありました。

落語好きな中学生の同級生がラジオ好きな僕に聞かせてくれた自作の地獄のオールナイトニッポンよりは、よくできていました。

同級生の地獄のオールナイトニッポン・スペシャルウィークのゲストに呼ばれそうになった僕は、本気でそう思います。

炎上させない消防士たち

消防士について。

友達がいない僕は、なぜか結婚式に呼ばれることが多いのですが、そのなかで印象に残るのは消防士の結婚式。

お遊戯会の園児の踊りに吹き出してしまう人間性を持つ少数派であり多様性な社会で取り残されないであろう僕は、消防士の内輪感ある結婚式がちょっぴり好きなのです。

新婦がチアリーダーをしていた結婚式は、すごかった。新郎新婦の内輪の余興をみつめる両家の親御さんや親戚の顔を今でも思い出すことができます。

感情という火種すら根絶やしにする。そんな消防士の勇ましい結婚式にまた参加したいです。

市民の命を守る消防士もはっちゃけたいときがあるのでしょう。ラジオ村上もそんな感じ。消防団の拡大を目指す内輪ラジオで炎上をしなかったのですから、やっぱりそこは消防士です。

そういえば、大分市のどこかの消防士が勤務中に結婚式の余興ムービーを撮影していたニュースを思い出します。

メディアという放火魔による炎上だけは、消防士も防げない。

そんな大分を語りながら、ラジオ村上が終わったことを悔やみましょう。

でもその代わりが、大野ひかるさんです。

ラジオ村上の代わりは大野ひかるさん

ラジオ村上にも時々登場していた空手が上手な大野さんといえば、大分市消防局の大野ひかるさん。

最終回のラジオ村上では「わたしは空手がんばったモン」(そんな言い方だった)と、ハリーポッターの本版ルーナのような話し方がキュート。

選考に恵まれなかった大野ひかるさんですが、それでも頂点に立つ現役の女王です。そんな女王がどんなラジオを聞かせてくれるのか?

たぶんきっと8日の15時45分あたりから、初回放送です(自信がない)。

じゃあな、ラジオ村上。